新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

横須賀・総武線 目次

路線の説明

横須賀線は戦前に旧日本軍にとって重要な都市である横須賀へのアクセスを目的に建設された、大船駅から横須賀駅を経由して久里浜駅に至る路線であり、東海道本線に乗り入れて東京駅をターミナルとして運行されていた。総武本線御茶ノ水駅を起点としており中央本線との直通運転を行っている路線で、千葉駅までが電化されて電車による運行がなされていたが、千葉駅以東の利用者が増加したことから、電化の上で中央本線中野駅発着で千葉駅以遠に直通する快速電車も運転されるようになった。しかし、高度経済成長期の急速な利用者増加の影響により、東海道本線総武本線の線路容量は圧迫されていったことから、他の主要路線も合わせた「通勤五方面作戦」が実行されることになった。

総武本線は、元々の電化区間であった千葉駅以西で複々線化を実施することになった。当時は両国駅が急行列車のターミナル駅となっていたが、同駅構内で地下トンネルに入り、快速線は東京駅へ乗り入れることになった。ただし、両国駅構内に快速線のホームは設けられなかった。これに伴い、総武本線の起点駅は東京駅に変更され、錦糸町駅から両国駅を経由し御茶ノ水駅に至る区間は支線扱いになった。1972年(昭和47年)7月15日に総武トンネルを含む東京駅-錦糸町駅間が開業、同時に錦糸町駅-津田沼駅間の複々線化も完成し、総武快速線の運転が開始された。車両は近郊型電車の113系となったが、地下区間があることから難燃性を高めた1000番台が導入された。1976年(昭和51年)10月1日ダイヤ改正からは、東京駅構内の通路の混雑が危険なレベルまで高まっていたことから、乗り換え客の分散を目的として、東京トンネル(東海道本線)を経由して総武快速線の品川駅への乗り入れが開始された(トンネル自体は1973年(昭和48年)に完成していた)。

横須賀線は、東海道線と線路を共用する東京駅-大船駅間の線路容量が不足したことから、同区間の線路を分離することになった。この当時から(現在も)、東海道線列車番号は通常の「M」なのに対して、横須賀線列車番号は区別のため「S」になっていたことから、東海道線横須賀線の線路を分離したこの出来事は「SM分離」とも呼ばれる。東京駅から品川駅は地下トンネル(先述の「東京トンネル」)を建設し、品川駅から大船駅までは既存の貨物線が転用されることとなった。しかし、横須賀線と貨物線が線路を共用しては結局線路容量が不足することから、新しい貨物線が建設されることになり、この貨物線の建設が遅れたことからSM分離の時期も遅れた。その後、新貨物線が開業したことを受けて1980年(昭和55年)10月1日ダイヤ改正でSM分離が実施された。横須賀線総武快速線が暫定的に使用していた東京トンネルを通り東京駅地下ホームへ乗り入れ、総武線快速電車と横須賀線の直通運転が開始された。横須賀線の列車には戦前から二等車が連結されていたことから、これに合わせる形で総武線快速電車でもグリーン車が連結されるようになった。

1994年(平成6年)からは、113系の老朽化に伴い新造されたE217系での置き換えが開始された。E217系は近郊型電車ながら4扉車となったことが特徴であり、1999年(平成11年)にかけて基本編成51本と付属編成46本が導入されて113系を全て置き換えた。2001年(平成13年)12月1日ダイヤ改正からは湘南新宿ラインの運転が開始され、東海道線直通列車についても横須賀線と線路を共用することになった。2004年(平成16年)10月16日ダイヤ改正では湘南新宿ラインE231系統一に伴い、横須賀線に乗り入れる列車は全て小山車両センター所属のE231系で運転されることになったためE217系に余剰が発生した。この余剰分については、しばらくグリーン車Suicaシステムへの対応工事などに伴う予備車として扱われた後、2006年(平成18年)3月18日ダイヤ改正で基本、付属各3編成が東海道線(国府津車両センター)に転属した。2008年(平成20年)にE217系の機器更新工事予備として1編成が、2010年(平成22年)に武蔵小杉駅開業に伴う増発用としてもう1編成が復帰したが、E217系の機器更新工事終了に伴って2012年(平成24年)に1編成が東海道線に再転出した。その後、2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正東海道線E217系の運用が消滅したため、全て横須賀線に再転入している。

2020年(令和2年)からは、E217系の老朽化に伴い、E235系での置き換えが予定されており、導入予定数もE217系と同数の11両編成51本・4両編成46本となっている。

車両基地については、総武線側が幕張電車区幕張車両センター横須賀線側が大船電車区→鎌倉総合車両所鎌倉総合車両センターとなっていたが、2006年(平成18年)3月18日ダイヤ改正で配置の集約化が実施されて全車両が鎌倉総合車両センターの所属になった。同年4月1日に鎌倉総合車両センター深沢地区(旧大船工場)の廃止に伴い、鎌倉車両センターに改組されている。

編成記事一覧

E235系
基本編成 新製年/製造所 備考
横クラF-01編成 2020/J-TREC新津  
横クラF-02編成 2020/J-TREC新津  
横クラF-03編成 2020/J-TREC新津  
横クラF-04編成 2020/J-TREC新津  
横クラF-05編成 2020/J-TREC新津  
横クラF-06編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-07編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-08編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-09編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-10編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-11編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-12編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-13編成 2021/J-TREC新津  
横クラF-14編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-15編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-16編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-17編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-18編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-19編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-20編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-21編成 2022/J-TREC新津  
横クラF-22編成 2022/J-TREC新津  
付属編成 新製年/製造所 備考
横クラJ-01編成 2020/J-TREC新津  
横クラJ-02編成 2020/J-TREC新津  
横クラJ-03編成 2020/J-TREC新津  
横クラJ-04編成 2020/J-TREC新津  
横クラJ-05編成 2020/J-TREC新津  
横クラJ-06編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-07編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-08編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-09編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-10編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-11編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-12編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-13編成 2021/J-TREC新津  
横クラJ-14編成 2022/J-TREC新津  
横クラJ-15編成 2022/J-TREC新津  
横クラJ-16編成 2022/J-TREC新津  
横クラJ-17編成 2022/J-TREC新津  
横クラJ-18編成 2022/J-TREC新津  
横クラJ-19編成 2022/J-TREC新津  
E217系
基本編成 新製年/製造所 撤退年 備考
横クラY-1編成 1994/東急車輛 2022  
横クラY-2編成 1994/川崎重工    
横クラY-3編成 1995/東急車輛 2022  
横クラY-4編成 1995/東急車輛    
横クラY-5編成 1996/川崎重工    
横クラY-6編成 1996/東急車輛 2022  
横クラY-7編成 1996/川崎重工 2022  
横クラY-8編成 1996/東急車輛    
横クラY-9編成 1996/川崎重工 2021  
横クラY-10編成 1996/川崎重工 2022  
横クラY-11編成 1996/東急車輛 2022  
横クラY-12編成 1996/東急車輛 2022  
横クラY-13編成 1996/東急車輛 2022  
横クラY-14編成 1996/川崎重工    
横クラY-15編成 1996/川崎重工    
横クラY-16編成 1996/東急車輛 2022  
横クラY-17編成 1997/東急車輛 2022  
横クラY-18編成 1997/東急車輛    
横クラY-19編成 1997/川崎重工    
横クラY-20編成 1997/東急車輛    
横クラY-21編成 1997/東急車輛    
横クラY-22編成 1997/JR新津    
横クラY-23編成 1998/JR新津    
横クラY-24編成 1998/JR新津    
横クラY-25編成 1998/JR新津 2021  
横クラY-26編成 1997/東急車輛    
横クラY-27編成 1997/東急車輛    
横クラY-28編成 1997/川崎重工    
横クラY-29編成 1997/川崎重工    
横クラY-30編成 1998/東急車輛    
横クラY-31編成 1998/JR新津    
横クラY-32編成 1998/JR新津    
横クラY-33編成 1998/JR新津    
横クラY-34編成 1998/JR新津    
横クラY-35編成 1998/JR新津    
横クラY-36編成 1998/JR新津    
横クラY-37編成 1998/JR新津    
横クラY-38編成 1999/川崎重工    
横クラY-39編成 1999/東急車輛    
横クラY-40編成 1999/川崎重工    
横クラY-41編成 1999/JR新津    
横クラY-42編成 1999/JR新津    
横クラY-43編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-44編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-45編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-46編成 1999/JR新津    
横クラY-47編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-48編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-49編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-50編成 1999/JR新津 2021  
横クラY-51編成 1999/JR新津 2021  
付属編成 新製年/製造所 撤退年 備考
横クラY-101編成 1994/東急車輛    
横クラY-102編成 1994/川崎重工    
横クラY-103編成 1995/東急車輛    
横クラY-104編成 1995/東急車輛    
横クラY-105編成 1996/川崎重工 2021  
横クラY-106編成 1996/東急車輛    
横クラY-107編成 1996/川崎重工 2021  
横クラY-108編成 1996/東急車輛    
横クラY-109編成 1996/川崎重工    
横クラY-110編成 1996/川崎重工    
横クラY-111編成 1996/東急車輛 2021  
横クラY-112編成 1996/東急車輛    
横クラY-113編成 1996/東急車輛    
横クラY-114編成 1996/川崎重工 2021  
横クラY-115編成 1996/川崎重工 2021  
横クラY-116編成 1996/東急車輛    
横クラY-117編成 1997/東急車輛    
横クラY-118編成 1997/東急車輛 2022  
横クラY-119編成 1997/川崎重工    
横クラY-120編成 1997/東急車輛    
横クラY-121編成 1997/東急車輛 2022  
横クラY-122編成 1997/JR新津    
横クラY-123編成 1998/JR新津 2021  
横クラY-124編成 1998/JR新津 2021  
横クラY-125編成 1998/JR新津 2021  
横クラY-126編成 1997/東急車輛 2021  
横クラY-127編成 1997/東急車輛 2021  
横クラY-128編成 1997/川崎重工    
横クラY-129編成 1997/川崎重工    
横クラY-130編成 1998/東急車輛    
横クラY-131編成 1998/JR新津    
横クラY-132編成 1998/JR新津    
横クラY-133編成 1998/JR新津    
横クラY-134編成 1998/JR新津    
横クラY-135編成 1998/JR新津 2021  
横クラY-136編成 1998/JR新津    
横クラY-137編成 1998/JR新津 2021  
横クラY-138編成 1999/川崎重工    
横クラY-139編成 1999/東急車輛    
横クラY-140編成 1999/川崎重工    
横クラY-141編成 1999/JR新津    
横クラY-142編成 1999/JR新津    
横クラY-143編成 1999/JR新津    
横クラY-144編成 1999/JR新津 2022  
横クラY-145編成 1999/JR新津    
横クラY-146編成 1999/JR新津    

編集履歴(記事ID:0010)

  • 2022年12月21日:横クラY-118編成の廃車を反映
  • 2022年12月20日:横クラY-144編成の廃車を反映
  • 2022年12月12日:横クラF-22編成の落成を反映
  • 2022年12月1日:横クラJ-19編成の落成を反映
  • 2022年11月22日:横クラY-7編成の廃車を反映
  • 2022年11月7日:横クラF-21編成の落成を反映
  • 2022年10月25日:横クラJ-18編成の落成を反映
  • 2022年10月19日:横クラY-1編成の廃車を反映
  • 2022年10月15日:横クラY-17編成の廃車を反映
  • 2022年10月3日:横クラF-20編成の落成を反映
  • 2022年9月14日:横クラY-6編成の廃車を反映
  • 2022年8月31日:横クラY-12編成の廃車を反映
  • 2022年8月23日:横クラJ-17編成の落成を反映
  • 2022年7月25日:横クラF-19編成の落成を反映
  • 2022年7月6日:横クラJ-16編成の落成を反映
  • 2022年6月27日:横クラF-18編成の落成を反映
  • 2022年6月20日:横クラJ-15編成の落成を反映
  • 2022年6月15日:横クラY-3編成の廃車を反映
  • 2022年6月8日:横クラF-17編成の落成を反映
  • 2022年6月1日:横クラJ-14編成の落成を反映
  • 2022年5月11日:横クラY-16編成の廃車を反映
  • 2022年4月25日:横クラF-16編成の落成を反映
  • 2022年4月13日:横クラF-15編成の落成を反映
  • 2022年4月4日:横クラF-14編成の落成を反映
  • 2022年3月9日:横クラY-13編成の廃車を反映
  • 2022年2月16日:横クラY-11編成の廃車を反映
  • 2022年2月9日:横クラY-121編成の廃車を反映
  • 2022年1月20日:横クラY-10編成の廃車を反映
  • 2021年12月8日:横クラY-25編成の廃車を反映
  • 2021年11月25日:横クラY-124編成・横クラY-127編成の廃車を反映
  • 2021年11月17日:横クラY-50編成の廃車を反映
  • 2021年10月13日:横クラY-9編成の廃車を反映
  • 2021年10月7日:横クラY-114編成・横クラY-123編成の廃車を反映
  • 2021年9月15日:横クラY-115編成・横クラY-125編成の廃車を反映
  • 2021年9月1日:横クラY-47編成の廃車を反映
  • 2021年8月25日:横クラY-51編成の廃車を反映
  • 2021年6月18日:横クラF-13編成の落成を反映
  • 2021年6月9日:横クラJ-13編成の落成を反映
  • 2021年6月2日:横クラF-12編成の落成を反映
  • 2021年5月26日:横クラY-126編成・横クラY-137編成の廃車を反映
  • 2021年5月21日:横クラJ-12編成の落成を反映
  • 2021年5月14日:横クラJ-11編成の落成を反映
  • 2021年5月8日:横クラY-45編成の廃車を反映
  • 2021年5月7日:横クラF-11編成の落成を反映
  • 2021年4月15日:横クラF-10編成の落成を反映
  • 2021年4月4日:横クラY-43編成の廃車を反映
  • 2021年3月29日:横クラJ-10編成の落成を反映
  • 2021年3月25日:横クラF-09編成の落成を反映
  • 2021年3月18日:横クラJ-09編成の落成を反映
  • 2021年3月11日:横クラJ-08編成の落成と横クラY-111編成・横クラY-135編成の廃車を反映
  • 2021年3月5日:横クラF-08編成の落成を反映
  • 2021年3月3日:横クラY-49編成の廃車を反映
  • 2021年2月15日:横クラF-07編成の落成を反映
  • 2021年2月5日:横クラY-48編成の廃車を反映
  • 2021年2月1日:横クラJ-07編成の落成を反映
  • 2021年1月21日:横クラF-06編成の落成と横クラY-105編成・横クラY-107編成の廃車を反映
  • 2021年1月15日:横クラJ-06編成の落成を反映
  • 2021年1月6日:横クラY-44編成の廃車を反映
  • 2020年11月11日:横クラF-05編成の落成を反映
  • 2020年11月5日:横クラJ-05編成の落成を反映
  • 2020年10月19日:横クラF-04編成の落成を反映
  • 2020年10月13日:横クラJ-04編成の落成を反映
  • 2020年9月24日:横クラF-03編成の落成を反映
  • 2020年9月14日:横クラJ-03編成の落成を反映
  • 2020年7月8日:横クラF-02編成の落成を反映
  • 2020年6月25日:横クラJ-02編成の落成を反映
  • 2020年6月16日:横クラJ-01編成の落成を反映
  • 2020年6月7日:E235系基本編成の編成番号を記載
  • 2020年6月3日:クハE235-1001以下11連の落成を反映
  • 2020年2月2日:資料室掲載記事リニューアル作業実施