新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

烏山線 目次

路線の説明

烏山線は、東北本線の宝積寺駅から分岐して烏山駅に至る路線である。1923年(大正12年)に開業した地方交通線で、全線が非電化である。1934年(昭和9年)頃には東北本線宇都宮駅まで直通する列車が運転されるようになった。国鉄時代の1968年(昭和43年)には「赤字83線」に指定されたが、営業係数が極端に悪かったわけではないため廃止や第三セクター移管は免れている。2014年(平成26年)3月15日ダイヤ改正から、蓄電池駆動電車であるEV-E301系の量産先行車の運用が開始され、非電化路線ながら全線で電車による運転が開始された。これに伴い、蓄電池の充電用として烏山駅構内が電化された。2017年(平成29年)3月4日ダイヤ改正ではEV-E301系の量産車も導入され、定期列車は全て電車化された。

編成記事一覧

EV-E301系
編成 製造年/製造所 備考
宮ヤマV1編成 2014/J-TREC横浜  
宮ヤマV2編成 2017/J-TREC横浜  
宮ヤマV3編成 2017/J-TREC横浜  
宮ヤマV4編成 2017/J-TREC横浜  

編集履歴(記事ID:0017)

  • 2020年4月21日:資料室掲載記事リニューアル作業実施