新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

南武支線 目次

路線の説明

南武線には川崎駅から立川駅間の本線の他に、尻手駅から分岐する2本の支線があり、浜川崎駅に至る路線と、鶴見駅に至る路線があるが、このうち浜川崎駅に至る支線は旅客営業も行っており、南武支線と案内される。1980年(昭和55年)までは17m級の旧型国電が運用されていたが、その後は101系の2両編成が運用されるようになり、他の路線から101系が順次引退していった結果、この南武支線が101系の運用される最後のJR線となった(このほか、秩父鉄道にも101系が譲渡され、2014年(平成26年)まで運用されていた)。しかし、101系の次の世代の車両である103系が老朽化に伴って全廃の方針が示される中、103系より古い101系でも老朽化が進んでいるのは明白であったことから、205系への置き換えが実施されることになった。205系にはクモハが存在しなかったことから、モハを先頭車化改造することとし、併せてワンマン運転対応化など南武支線の事情に合わせた改造を施して、2002年(平成14年)に2編成が、2003年(平成15年)に1編成が投入された。2002年(平成14年)に改造された車両は中央・総武線(三鷹電車区)から転属した車両で、2003年(平成15年)に改造された車両は山手線(山手電車区)から転属した車両である。

編成記事一覧

205系
1000番台編成 新製年/製造所 改造年/改造所 備考
横ナハW1編成 1989/川崎重工 2002/鎌倉総車  
横ナハW2編成 1989/川崎重工 2002/鎌倉総車  
横ナハW4編成 1985/東急車輛 2002/鎌倉総車  

編集履歴(記事ID:0013)

  • 2020年3月11日:資料室掲載記事リニューアル作業実施