新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

鶴見線 目次

路線の説明

鶴見線は戦前に私鉄の鶴見臨港鉄道が建設したものを1943年(昭和18年)に戦時買収した路線である。鶴見駅から扇町駅までの本線のほか、浅野駅から海芝浦駅までの支線と武蔵白石駅から大川駅までの支線がある。

国有化当初は鶴見臨港鉄道から継承した車両が運用されていたが、1948年(昭和23年)5月1日に架線電圧が600Vから1500Vに昇圧されたため、鶴見臨港鉄道時代からの買収国電鶴見線から姿を消し、17m級の戦前形国電が運用されるようになった。1959年(昭和34年)に単行運転用として、戦前形国電のモハ11形200番台を改造したクモハ12形50番台が6両投入された。1972年(昭和47年)からは20m級の72系が配置されるようになり、17m級の旧型車両は置き換えが進められたが、大川支線の武蔵白石駅のホームが20m車に対応できなかったため、大川支線では引き続きクモハ12形が運用されることになった。

1980年(昭和55年)に101系が配置されて、本線と海芝浦支線で運用されていた72系が置き換えられ、1990年(平成2年)から1992年(平成4年)には103系の導入で101系も置き換えられた。大川支線では引き続きクモハ12形2両(クモハ12051・クモハ12052)が運用されていたが、老朽化のため引退することになり、武蔵白石駅のホームを撤去して大川支線は通過扱いとする形で103系に置き換えられた。なお、最後まで大川支線で運用されていたクモハ12形は2両とも旧大井工場→東京総合車両センターで車籍を残したまま保管されていたが、クモハ12053は2006年(平成18年)に除籍された後2010年(平成22年)には解体処分となっており、現在はクモハ12052だけが保管されている。

103系は3両編成10本体制で運用されていたが、これも老朽化を理由として2004年(平成16年)から置き換えが実施されることになり、205系1100番台が導入された。205系は無改造だと3両編成が組めないことから中間車を先頭車化改造する形で組成しており、1号車と2号車は山手線(旧山手電車区→東京総合車両センター)から、3号車は埼京・川越線(旧川越電車区川越車両センター)から転属した。205系は翌2005年(平成17年)にかけて導入が実施されたが、3両編成9本のみの配置に留まったことから、103系のうち横ナハT1編成だけは継続して運用された後、2006年(平成18年)3月18日ダイヤ改正で運用数の削減が実施されたため同編成は撤退し、205系に統一された。

編成記事一覧

205系
1100番台編成 改造年/改造所 備考
横ナハT11編成 2004/鎌倉総車  
横ナハT12編成 2004/郡山総車セ  
横ナハT13編成 2004/秋田総車セ  
横ナハT14編成 2004/郡山総車セ  
横ナハT15編成 2005/秋田総車セ  
横ナハT16編成 2005/郡山総車セ  
横ナハT17編成 2005/秋田総車セ  
横ナハT18編成 2005/郡山総車セ  
横ナハT19編成 2005/秋田総車セ  

編集履歴(記事ID:0014)

  • 2020年3月11日:資料室掲載記事リニューアル作業実施