新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

宇都宮線・高崎線 目次

路線の説明

宇都宮線高崎線はどちらも東北本線上野駅をターミナルとして運転されており、東北本線から高崎線が分岐する大宮駅までは両系統が同じ線路を共有している。「宇都宮線」は、1990年(平成2年)3月10日から東北本線直流電化区間の愛称として用いられており、「高崎線」は線路名称の上では大宮駅を起点としているが、東北本線区間でも高崎線として案内されている。宇都宮線は電化方式の都合上黒磯駅で完全に系統が分離されているが、高崎線高崎駅から先で上越線を経由し、両毛線前橋駅まで乗り入れる列車がある。2001年(平成13年)12月1日ダイヤ改正では、東北貨物線山手貨物線東海道貨物線を経由する「湘南新宿ライン」の運行が開始され、宇都宮線から横須賀線高崎線から東海道線へ直通する列車が運転されている。原則として、宇都宮線横須賀線の系統は小山車両センター所属の車両で、高崎線東海道線の系統は国府津車両センター所属の車両で運転されることになっているが、後述の上野東京ライン開業後は、代走が実施されることも珍しくない。2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正からは「上野東京ライン」を経由して宇都宮線高崎線とも東海道線伊東線との直通列車が運転されている。

宇都宮線高崎線の所属車両基地は、宇都宮線側が小山電車区小山車両センター高崎線側が新前橋電車区高崎車両センターとなっていたが、間合いで小山車による高崎線運用、新前橋/高崎車による宇都宮線運用も存在していた。しかし、2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正上野東京ラインが開業するのに合わせて車両配置は小山車両センターに集約されており、現在は宇都宮線高崎線高崎車両センター所属の車両による定期列車は運転されていない。

運用される車両は、国鉄時代には115系が主力として用いられていたが、1985年(昭和60年)からは新前橋電車区に211系が投入されるようになった。211系の新造は国鉄分割民営化後も続き、1990年(平成2年)までに5両編成57編成が配置された。続いて小山電車区向けにも新造が行われ、同区には5両編成16本が配置された。1998年(平成10年)12月8日ダイヤ改正では池袋発着列車の増発が実施されたものの、新型車両の開発が進んでいる時期だったため新造車の導入はなく、横須賀線(大船電車区)へのE217系導入によって余剰となった113系が、宇都宮線小金井駅以南限定で運用された。

2000年(平成12年)からは、115系の老朽取換を目的として小山電車区向けにE231系の新造が開始された。E231系は10両編成と5両編成が用意され、5両編成を2本連結して10両編成の運用を代走することも想定されていた。E231系は同年6月21日から運用入りし、暫定配置であった113系を置き換えた。113系の運用は少なかったため、E231系の本格デビューは同年12月2日のダイヤ改正からとなり、この改正に伴って小山電車区所属の211系は全て新前橋電車区に転属している。この時は宇都宮線内のみの運用となっていたが、E231系の新造が進むと2001年(平成13年)9月1日からは高崎線でも運用されるようになった。高崎線の置き換えは急ピッチに進み、同年12月1日ダイヤ改正で早くも同線から115系が撤退した。E231系は2003年(平成15年)に小山電車区向けの車両が出揃い、その後もしばらく115系の運用はあったが、2004年(平成16年)10月16日ダイヤ改正をもって全車引退となった。

宇都宮線高崎線の列車には元々グリーン車は無かったが、湘南新宿ラインの運転開始に伴って東海道線横須賀線との直通列車も運転されるようになったことが影響してか、宇都宮線高崎線でもグリーン車の連結が開始されることになった。E231系は、4号車と5号車に新造グリーン車を組み込むことになり、グリーン車組み込みによって編成から外された付随車は国府津車両センター所属のE231系に組み込まれた。これに伴い、付属編成2本を連結して基本編成の代走をすることは不可能となった。211系は、田町車両センター所属の211系、国府津車両センター所属の113系との間で編成組換を実施し、グリーン車を組み込んだ編成が17編成登場した。211系は全て5両編成であったため、グリーン車組み込みに当たっては17編成を3両編成に短縮した上で、他の5両編成と挟み込む方法が採られた(5両編成、グリーン車、3両編成の組み合わせは固定化されており、10両まとめて1編成として扱われた)。しかし、既存編成の組み換えだけでは宇都宮線高崎線上野口運用のグリーン車連結率100%は達成できなかったため、小山車両センターE231系を編成単位で追加導入し、新前橋電車区の211系の運用を置き換えることで達成された。同時期に宇都宮線内でホーム延伸を実施して宇都宮駅まで15両編成の入線が可能になったことも影響し、2006年(平成18年)7月8日ダイヤ改正までにE231系は基本編成8本、付属編成6本が新造された。2007年(平成19年)には115系訓練車の置き換え用として付属編成1本が増備され、E231系の製造は終了した。

2012年(平成24年)からは、211系の置き換えを実施するため高崎車両センターE233系の導入が実施され、基本編成は211系と同数の17本、付属編成は高崎地区のローカル運用と共通運用になっているため、上野口で必要な16本のみ導入された。E233系高崎線で2012年(平成24年)9月1日から、宇都宮線で2013年(平成25年)3月16日から運用入りしたが、湘南新宿ラインに入線することはなかった。211系は2014年(平成26年)3月15日ダイヤ改正で運用から撤退し、宇都宮線高崎線上野口の新系列電車統一が完了した。

2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正では、上野東京ライン開業と東海道線乗り入れ開始に伴う運用の見直しが行われた。この改正と同時に車両配置の集約化が実施され、高崎車両センター所属のE233系小山車両センターに転属したが、基本、付属各1編成は国府津車両センターに転属している。また、東海道線内での運用に備えて15両編成の比率を高めるため、E233系の付属編成が3本増備されている(増備車はダイヤ改正前から小山車両センターに配属されていた)。

編成記事一覧

E233系
基本編成 新製年/製造所 備考
宮ヤマU618編成 2012/JR新津  
宮ヤマU619編成 2012/JR新津  
宮ヤマU620編成 2012/JR新津  
宮ヤマU621編成 2012/JR新津  
宮ヤマU622編成 2012/JR新津  
宮ヤマU623編成 2012/JR新津  
宮ヤマU624編成 2012/JR新津  
宮ヤマU625編成 2012/JR新津  
宮ヤマU626編成 2012/JR新津  
宮ヤマU627編成 2012/JR新津  
宮ヤマU628編成 2012/JR新津  
宮ヤマU629編成 2012/JR新津  
宮ヤマU630編成 2013/JR新津  
宮ヤマU631編成 2013/JR新津  
宮ヤマU632編成 2013/JR新津  
宮ヤマU633編成 2013/JR新津  
付属編成 新製年/製造所 備考
宮ヤマU218編成 2012/JR新津  
宮ヤマU219編成 2012/JR新津  
宮ヤマU220編成 2012/JR新津  
宮ヤマU221編成 2012/JR新津  
宮ヤマU222編成 2012/JR新津  
宮ヤマU223編成 2012/JR新津  
宮ヤマU224編成 2012/JR新津  
宮ヤマU225編成 2012/JR新津  
宮ヤマU226編成 2012/JR新津  
宮ヤマU227編成 2012/JR新津  
宮ヤマU228編成 2012/JR新津  
宮ヤマU229編成 2012/JR新津  
宮ヤマU230編成 2013/JR新津  
宮ヤマU231編成 2013/JR新津  
宮ヤマU232編成 2013/JR新津  
宮ヤマU233編成 2014/J-TREC横浜  
宮ヤマU234編成 2014/J-TREC横浜  
宮ヤマU235編成 2015/J-TREC横浜  

2015年3月13日までの編成番号
・基本編成(U618編成~U633編成):高タカL02編成~L17編成
・付属編成(U218編成~U232編成):高タカD02編成~D16編成
高タカL01編成高タカD01編成は、国府津車両センターに転属した。

E231系
基本編成 新製年/製造所 備考
宮ヤマU501編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU502編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU503編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU504編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU505編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU506編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU507編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU508編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU509編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU510編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU511編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU512編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU513編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU514編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU515編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU516編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU517編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU518編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU519編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU520編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU521編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU522編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU523編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU524編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU525編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU526編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU527編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU528編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU529編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU530編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU531編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU532編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU533編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU534編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU535編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU536編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU537編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU538編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU539編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU540編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU541編成 2003/川崎重工  
宮ヤマU584編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU585編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU586編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU587編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU588編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU589編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU590編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU591編成 2006/東急車輛  
付属編成 新製年/製造所 備考
宮ヤマU2編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU4編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU6編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU8編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU10編成 2000/川崎重工  
宮ヤマU12編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU14編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU16編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU18編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU20編成 2000/東急車輛  
宮ヤマU31編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU33編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU35編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU37編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU39編成 2001/東急車輛  
宮ヤマU45編成 2001/川崎重工  
宮ヤマU51編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU53編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU55編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU57編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU58編成 2002/東急車輛  
宮ヤマU60編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU61編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU63編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU64編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU66編成 2002/川崎重工  
宮ヤマU67編成 2003/川崎重工  
宮ヤマU69編成 2003/川崎重工  
宮ヤマU105編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU107編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU109編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU111編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU113編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU115編成 2006/東急車輛  
宮ヤマU118編成 2007/東急車輛 訓練車兼用
211系
基本編成
C編成 元編成 撤退年 備考
高タカC1編成 A3+A2 2013 G車:211+212
高タカC2編成 A7+A6 2012 G車:211+212
高タカC3編成 A59+A58 2014 G車:211+212
高タカC4編成 A5+A4 2012 G車:210+213
高タカC5編成 A57+A56 2014 G車:211+212
高タカC6編成 A21+A19 2013 G車:211+212
高タカC7編成 A52+A51 2014 G車:210+213
高タカC8編成 A29+A22 2012 G車:210+213
高タカC9編成 A50+A49 2013 G車:211+212
高タカC10編成 A20+A17 2013 G車:210+213
高タカC11編成 A48+A18 2013 G車:210+213
高タカC12編成 A16+A13 2012 G車:210+213
高タカC13編成 A14+A8 2013 G車:213+212
高タカC14編成 A61+A60 2013 G車:213+212
高タカC15編成 A47+A15 2012 G車:213+212
高タカC16編成 A10+A9 2014 G車:213+212
高タカC17編成 A12+A11 2012 G車:213+212
付属編成
B編成 新製年/製造所 撤退年 備考
高タカB1編成 1985/川崎重工 2013  
高タカB2編成 1986/日本車両 2013  
高タカB3編成 1986/日本車両 2013  
高タカB4編成 1986/近畿車輌 2012  
高タカB5編成 1986/近畿車輌 2013  
高タカB6編成 1986/川崎重工 2012  
高タカB7編成 1986/川崎重工 2012  
高タカB8編成 1986/川崎重工 2013  
高タカB9編成 1986/近畿車輌 2013  
高タカB10編成 1986/近畿車輌 2013  
高タカB11編成 1986/近畿車輌 2013  
A編成 新製年/製造所 撤退年 備考
高タカA1編成 1985/川崎重工 2012  
高タカA23編成 1988/川崎重工 2012  
高タカA24編成 1988/川崎重工 2013  
高タカA25編成 1988/川崎重工 2015  
高タカA26編成 1988/川崎重工 2014  
高タカA27編成 1988/川崎重工 2016  
高タカA28編成 1988/川崎重工 2015  
高タカA30編成 1988/東急車輛 2014  
高タカA31編成 1988/東急車輛 2017 霜取りパンタ装備
高タカA32編成 1989/東急車輛 2017 霜取りパンタ装備
高タカA33編成 1989/東急車輛 2014 霜取りパンタ装備
高タカA34編成 1989/東急車輛 2017 霜取りパンタ装備
高タカA36編成 1989/川崎重工 2017 霜取りパンタ装備
高タカA37編成 1989/川崎重工 2017 霜取りパンタ装備
幕張車両センター転出車
A編成 新製年/製造所   備考
高タカA35編成 1989/東急車輛    
高タカA38編成 1989/川崎重工    
高タカA39編成 1989/川崎重工    
高タカA40編成 1989/川崎重工    
高タカA41編成 1989/川崎重工    
高タカA42編成 1989/川崎重工    
高タカA43編成 1989/川崎重工    
高タカA44編成 1989/川崎重工    
高タカA45編成 1990/川崎重工    
高タカA46編成 1990/川崎重工    
高タカA53編成 1990/川崎重工   元・ヤマF3053
高タカA54編成 1991/川崎重工   元・ヤマF3054
高タカA55編成 1991/川崎重工   元・ヤマF3055
高タカA62編成 1991/川崎重工   元・ヤマF3062
C編成化対象車(組換前)
A編成 新製年/製造所 新編成 備考
高シマA3編成 1986/川崎重工 C1(5両)  
高シマA2編成 1986/川崎重工 C1(3両)  
高シマA7編成 1986/近畿車輌 C2(5両)  
高シマA6編成 1986/近畿車輌 C2(3両)  
高タカA59編成 1991/川崎重工 C3(5両) 元・ヤマF3059
高タカA58編成 1991/川崎重工 C3(3両) 元・ヤマF3058
高タカA5編成 1986/近畿車輌 C4(5両)  
高タカA4編成 1986/日立製作所 C4(3両)  
高タカA57編成 1991/川崎重工 C5(5両) 元・ヤマF3057
高タカA56編成 1991/川崎重工 C5(3両) 元・ヤマF3056
高タカA21編成 1986/日本車両 C6(5両)  
高タカA19編成 1986/日本車両 C6(3両)  
高タカA52編成 1990/川崎重工 C7(5両) 元・ヤマF3052
高タカA51編成 1990/川崎重工 C7(3両) 元・ヤマF3051
高タカA29編成 1988/近畿車輌 C8(5両)  
高タカA22編成 1986/日立製作所 C8(3両)  
高タカA50編成 1990/川崎重工 C9(5両) 元・ヤマF3050
高タカA49編成 1990/川崎重工 C9(3両) 元・ヤマF3049
高タカA20編成 1986/日本車両 C10(5両)  
高タカA17編成 1986/川崎重工 C10(3両)  
高タカA48編成 1990/川崎重工 C11(5両) 元・ヤマF3048
高タカA18編成 1986/川崎重工 C11(3両)  
高タカA16編成 1986/近畿車輌 C12(5両)  
高タカA13編成 1986/近畿車輌 C12(3両)  
高タカA14編成 1986/近畿車輌 C13(5両)  
高タカA8編成 1986/近畿車輌 C13(3両)  
高タカA61編成 1991/川崎重工 C14(5両) 元・ヤマF3061
高タカA60編成 1991/川崎重工 C14(3両) 元・ヤマF3060
高タカA47編成 1990/川崎重工 C15(5両) 元・ヤマF3047
高タカA15編成 1986/近畿車輌 C15(3両)  
高タカA10編成 1986/日本車両 C16(5両)  
高タカA9編成 1986/日本車両 C16(3両)  
高タカA12編成 1986/川崎重工 C17(5両)  
高タカA11編成 1986/川崎重工 C17(3両)  

編集履歴(記事ID:0015)

  • 2020年1月28日:資料室掲載記事リニューアル作業実施