新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

JR東日本211系電車 目次

車両の説明

211系電車は国鉄末期の1985年(昭和60年)から導入が開始された直流近郊型電車であり、軽量ステンレス車体界磁添加励磁制御の採用により、MT比を2:3に引き下げることを可能とした低コストな車両として開発された。従来は暖地仕様で平地向けの113系と、寒地仕様で勾配線区向けの115系の2形式が導入されていたが、211系では同一形式として、番台分けで区別されることになった。

暖地仕様の0番台(セミクロスシート)と2000番台(ロングシート)は田町電車区(東海道線)に配属され、0番台は10両の基本編成、2000番台は5両の付属編成として区別された。基本編成には平屋建てのグリーン車を2両組み込んでいる。JR東日本には、基本編成6本と付属編成5本が継承された。寒地仕様の1000番台(セミクロスシート)と3000番台(ロングシート)は新前橋電車区(高崎線)に配属され、全て5両編成で、1000番台は11編成、3000番台は22編成がJR東日本に継承された。5両編成のため電動車は2両だけだが、将来の短編成化を想定して敢えてクモハが作られ、電動車を上野方に寄せた極端な配置としていた。

211系の新造は国鉄分割民営化後も続けられたが、JR東日本発足後に製造された211系は全てロングシート車(2000番台・3000番台)となっている。田町電車区向けの基本編成では定員増加を図るためグリーン車が2階建て構造に変更され、国鉄時代に落成した平屋建てグリーン車の編成との組み換えを実施して5号車に平屋建て車、4号車に2階建て車が連結されるようになった。なお、国鉄時代に落成した6編成の組み換えが全て終わった後に導入された、通算13編成目以降の基本編成については2両とも2階建てグリーン車とされた。寒地仕様の3000番台は、新前橋電車区に24編成が新たに配置された後は小山電車区(宇都宮線)にも16編成が導入され、2000番台、3000番台ともに1991年(平成3年)限りで新造が終了した。

2000年(平成12年)からは、211系の2つ後の近郊型車両のE231系1000番台が登場したことで、211系にも変化が見られるようになった。E231系はまずは小山電車区に導入されたため211系の置き換えが実施され、配置の集約化の意味もあって同区所属の211系は全車両が小山電車区に転属した。新前橋電車区115系が4両編成4本小山電車区に転属する動きはあったものの、これで高崎線115系の置き換えが実施された。2004年(平成16年)からは国府津電車区にもE231系の配置が開始されて113系の置き換えが実施されたが、113系には211系の2階建て車と同じ構造かつほぼ同車齢のグリーン車が34両存在していたため、これを改造の上で211系のグリーン車として活用することになった。元113系の2階建てグリーン車のうち24両は田町車両センターに転属し、同所に所属する211系基本編成のグリーン車と交換が実施された。これは需要の旺盛な東海道線系統のグリーン車を全て2階建て車両とするための対応であり、グリーン車が2両とも2階建ての編成は組み換えの対象とならなかった。これで余剰となった、平屋建てグリーン車と2階建てグリーン車各12両と、元113系グリーン車10両の計34両については、寒地対応を実施した上で新前橋電車区高崎車両センター(2005年12月10日に改組)に転属し、高崎線で運用されることになった。組み換えに当たっては、グリーン車は4号車と5号車に連結されることになったが、高崎線の211系は元々全て5両編成であり、かつクモハがあるため10両貫通編成を組成することができなかった。このため、3000番台のうち17本を付随車を廃車とした3両編成に短縮した上で、5両のままの編成との間にグリーン車を挟み込むことで、グリーン車付きの10両編成が組成されることになった。しかし、これだけでは宇都宮線高崎線上野口の列車の全てにグリーン車を連結することはできなかったため、小山車両センターE231系が追加で配置されることになり、余剰となった211系3000番台14本は高崎線から房総各線(幕張車両センター)に転用された。

2011年(平成23年)からは、E233系3000番台の投入に伴って主要幹線からの置き換えが開始された。まずは田町車両センター所属の編成から置き換えが始まり、翌2012年(平成24年)に撤退、続いて高崎車両センター所属の編成も置き換えが開始された。同時期に、房総各線では209系への統一が実施されたため、幕張車両センターからも211系が引退した。主要幹線と房総各線から撤退した211系は地方線区の115系置き換え用として転用されることになり、転配が2012年(平成24年)から開始した。長野総合車両センターには、東海道線の基本編成を寒冷地対応改造を実施した上で6両編成14本(寒地対応に伴う改番はなし)と、幕張車両センター高崎車両センターから転属した3両編成が36本配置された。幕張車両センターから転出した車両、およびクロスシートの車両については全て長野総合車両センターに集められている。豊田車両センター所属の115系については、長野総合車両センター所属の211系で置き換えが実施された。長野総合車両センターに転属しなかった高崎車両センター所属の編成は、短編成化が実施された上で同所所属の115系107系で運用されていた高崎地区のローカル運用に回され、6両編成(3両+3両だが分割併合は行わない)7本と4両編成23本が運用されることになった。4両編成のうち12本はC編成(グリーン車付きの基本編成)から組成されたが、グリーン車組み込み時に上野方に連結される編成は3両編成に短縮されていたことから、高崎方の5両編成から付随車1両の供出を受けている。この組み換えは新製日が同じかつ車番が連番のペアでのみ実施されている。このほか、田町車両センターに所属していた東海道線の付属編成については新潟車両センターへの転属計画があったものの、同所にはE129系が配置されることになったため全編成が廃車となっている。

編成記事一覧

0番台
クハ211 編成 新製年/製造所 備考
クハ211-1 長ナノN601編成 1985/東急車輛  
クハ211-2 長ナノN602編成 1985/日本車両  
クハ211-3 長ナノN603編成 1986/日立製作所  
クハ211-4 長ナノN604編成 1986/日本車両  
クハ211-5 長ナノN605編成 1986/川崎重工  
クハ211-6 長ナノN606編成 1986/東急車輛  
1000番台
クモハ211 編成 新製年/製造所 備考
クモハ211-1001 長ナノN317編成 1985/川崎重工  
クモハ211-1002 長ナノN318編成 1986/日本車両  
クモハ211-1003 長ナノN319編成 1986/日本車両  
クモハ211-1004 長ナノN320編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-1005 長ナノN321編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-1006 長ナノN322編成 1986/川崎重工  
クモハ211-1007 長ナノN323編成 1986/川崎重工  
クモハ211-1008 長ナノN324編成 1986/川崎重工  
クモハ211-1009 長ナノN325編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-1010 長ナノN326編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-1011 長ナノN327編成 1986/近畿車輌  
2000番台
クハ211 編成 新製年/製造所 備考
クハ211-2001 東チタN51編成 1985/東急車輛 2013年除籍
クハ211-2002 東チタN52編成 1985/日本車両 2013年除籍
クハ211-2003 東チタN53編成 1986/日立製作所 2013年除籍
クハ211-2004 東チタN54編成 1986/日本車両 2013年除籍
クハ211-2005 東チタN55編成 1986/東急車輛 2013年除籍
クハ211-2006 東チタN56編成 1989/日本車両 2013年除籍
クハ211-2007 長ナノN607編成 1989/日本車両  
クハ211-2008 東チタN57編成 1989/東急車輛 2013年除籍
クハ211-2009 長ナノN608編成 1989/東急車輛  
クハ211-2010 東チタN58編成 1989/川崎重工 2013年除籍
クハ211-2011 長ナノN609編成 1989/川崎重工  
クハ211-2012 東チタN59編成 1989/川崎重工 2013年除籍
クハ211-2013 長ナノN610編成 1989/川崎重工  
クハ211-2014 東チタN60編成 1990/川崎重工 2013年除籍
クハ211-2015 長ナノN611編成 1990/川崎重工  
クハ211-2016 東チタN61編成 1990/川崎重工 2013年除籍
クハ211-2017 長ナノN612編成 1990/川崎重工  
クハ211-2018 東チタN62編成 1990/川崎重工 2013年除籍
クハ211-2019 長ナノN613編成 1990/川崎重工  
クハ211-2020 東チタN63編成 1990/川崎重工 2013年除籍
クハ211-2021 東チタN64編成 1991/日本車両 2013年除籍
クハ211-2022 長ナノN614編成 1991/日本車両  
3000番台
クモハ211 編成 新製年/製造所 備考
クモハ211-3001 長ナノN306編成 1985/川崎重工  
クモハ211-3002 高タカA2編成 1986/川崎重工 2022年除籍
クモハ211-3003 高タカA3編成 1986/川崎重工  
クモハ211-3004 (編成なし) 1986/日立製作所  
クモハ211-3005 高タカC4編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-3006 (編成なし) 1986/近畿車輌  
クモハ211-3007 高タカC2編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-3008 (編成なし) 1986/近畿車輌  
クモハ211-3009 高タカA9編成 1986/日本車両  
クモハ211-3010 高タカA10編成 1986/日本車両  
クモハ211-3011 (編成なし) 1986/川崎重工  
クモハ211-3012 高タカC17編成 1986/川崎重工  
クモハ211-3013 長ナノN307編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-3014 高タカC13編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-3015 (編成なし) 1986/近畿車輌  
クモハ211-3016 長ナノN308編成 1986/近畿車輌  
クモハ211-3017 長ナノN309編成 1986/川崎重工  
クモハ211-3018 長ナノN310編成 1986/川崎重工  
クモハ211-3019 (編成なし) 1986/日本車両  
クモハ211-3020 長ナノN311編成 1986/日本車両  
クモハ211-3021 高タカC6編成 1986/日本車両  
クモハ211-3022 (編成なし) 1986/日立製作所  
クモハ211-3023 長ナノN312編成 1988/川崎重工  
クモハ211-3024 長ナノN313編成 1988/川崎重工  
クモハ211-3025 高タカA25編成 1988/川崎重工  
クモハ211-3026 高タカA26編成 1988/川崎重工  
クモハ211-3027 高タカA27編成 1988/川崎重工  
クモハ211-3028 高タカA28編成 1988/川崎重工  
クモハ211-3029 高タカC8編成 1988/近畿車輌  
クモハ211-3030 高タカA30編成 1988/東急車輛  
クモハ211-3031 高タカA31編成 1988/東急車輛  
クモハ211-3032 高タカA32編成 1989/東急車輛  
クモハ211-3033 高タカA33編成 1989/東急車輛  
クモハ211-3034 高タカA34編成 1989/東急車輛  
クモハ211-3035 長ナノN301編成 1989/東急車輛  
クモハ211-3036 高タカA36編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3037 高タカA37編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3038 長ナノN337編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3039 長ナノN338編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3040 長ナノN331編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3041 長ナノN332編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3042 長ナノN333編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3043 長ナノN334編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3044 長ナノN335編成 1989/川崎重工  
クモハ211-3045 長ナノN339編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3046 長ナノN336編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3047 高タカC15編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3048 長ナノN314編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3049 長ナノN315編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3050 長ナノN316編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3051 高タカA51編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3052 高タカA52編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3053 長ナノN302編成 1990/川崎重工  
クモハ211-3054 長ナノN303編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3055 長ナノN304編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3056 高タカA56編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3057 高タカA57編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3058 高タカA58編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3059 高タカA59編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3060 高タカA60編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3061 高タカA61編成 1991/川崎重工  
クモハ211-3062 長ナノN305編成 1991/川崎重工  

編集履歴(記事ID:0229)

  • 2022年4月3日:高タカA2編成の廃車を反映
  • 2020年1月22日:資料室掲載記事リニューアル作業実施