新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

常磐・成田線 目次

路線の説明

常磐線取手駅を境界として電化方式が異なっており、取手駅以南では直流電車による快速電車が運転されている。我孫子駅から分岐する成田線我孫子支線常磐快速線と共通運用となっている。JR東日本が発足した1987年(昭和62年)4月1日時点では、快速電車は103系の10両編成で運転されており、中には緩行線から転じた地下鉄直通対応車の1000番台もあったが、混雑緩和策として同年12月から15両編成での運転が始まり、10両の基本編成と5両の付属編成が存在していた。1990年代には交流区間土浦駅までを快速電車の運行範囲とするべくE501系が開発されて勝田電車区に配置されたものの、E501系は少数の配置に留まり常磐快速線は引き続き103系で運転されていたが、老朽化が進んだため、2001年(平成13年)からE231系0番台を新造して置き換えが開始された。

103系時代は基本編成、付属編成とも19編成ずつの配置となっていたが、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線の開業や、中距離電車への置き換えをにらんでE231系は基本17編成、付属19編成の配置となり、2004年(平成16年)までにE231系の新造が終了、2006年(平成18年)3月18日ダイヤ改正をもってわずかに残っていた103系も撤退して常磐快速線成田線の運用はE231系に統一された。2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正では上野東京ライン開業に伴い、常磐快速線東海道本線品川駅への乗り入れが始まったため、中央・総武線からE231系が10両編成2本転入している。2020年(令和2年)3月14日ダイヤ改正で運用数が減少し、10両編成1本が武蔵野線へ転出した。

編成記事一覧

E231系
基本編成 新製年/製造所 備考
東マト101編成 2001/JR新津  
東マト102編成 2001/JR新津  
東マト103編成 2002/JR新津  
東マト104編成 2002/JR新津  
東マト105編成 2002/JR新津  
東マト106編成 2002/JR新津  
東マト107編成 2002/JR新津  
東マト108編成 2002/JR新津  
東マト109編成 2002/JR新津  
東マト110編成 2003/JR新津  
東マト111編成 2003/JR新津  
東マト112編成 2003/JR新津  
東マト113編成 2003/JR新津  
東マト114編成 2003/JR新津  
東マト115編成 2003/JR新津  
東マト116編成 2004/JR新津  
東マト117編成 2004/JR新津  
東マト118編成 2000/JR新津 ⑥2001/JR新津
2020年撤退
東マト119編成 2001/JR新津  
付属編成 新製年/製造所 備考
東マト121編成 2001/JR新津  
東マト122編成 2001/JR新津  
東マト123編成 2002/JR新津  
東マト124編成 2002/JR新津  
東マト125編成 2002/JR新津  
東マト126編成 2002/JR新津  
東マト127編成 2002/JR新津  
東マト128編成 2002/JR新津  
東マト129編成 2002/JR新津  
東マト130編成 2003/JR新津  
東マト131編成 2003/JR新津  
東マト132編成 2003/JR新津  
東マト133編成 2003/JR新津  
東マト134編成 2003/JR新津  
東マト135編成 2003/JR新津  
東マト136編成 2003/JR新津  
東マト137編成 2004/JR新津  
東マト138編成 2004/JR新津  
東マト139編成 2004/JR新津  

編集履歴(記事ID:0004)

  • 2020年8月17日:東マト118編成の撤退を反映
  • 2020年1月21日:資料室掲載記事リニューアル作業実施