新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

クハ205-611(宮ヤマY11編成)【編成消滅】

【この編成は消滅しています】宇都宮線向け205系600番台の宮ヤマY11編成

編成番号変遷

  • 東ハエ17編成(1990年7月5日~2001年3月31日)
  • 宮ハエ17編成(2001年4月1日~2014年3月19日)
  • 宮ヤマY11編成(2014年3月19日~2022年11月11日)

2022年11月10日時点の編成

4号車 クハ205-611 1990年7月5日新製(川重)
3号車 モハ205-611 1990年7月5日新製(川重)
2号車 モハ204-611 1990年7月5日新製(川重)
1号車 クハ204-611 1990年7月5日新製(川重)

編成の情報

この編成は、埼京線103系置き換えと輸送力増強用として新造された、25編成の205系のうちの1編成である。1990年度前期に導入された中期グループに属する。2003年に編成組換を実施し、6扉車のサハ204-6(元・東ヤテ6編成)と、サハ204-7(元・東ヤテ7編成)を組み込んだ。E233系7000番台に置き換えられる形で埼京・川越線からは2013年に撤退したが、4両編成に短縮して宇都宮線黒磯口運用に転用された。2022年3月12日ダイヤ改正宇都宮線黒磯口・日光線の運用が205系からE131系へ置き換えられたことに伴い、2022年に廃車となった。

編成の記録

関連記事

過去の編成表

埼京・川越線時代(宮ハエ17編成)
10号車 クハ205-125 1990年7月5日新製(川重)
9号車 モハ205-341 1990年7月5日新製(川重)
8号車 モハ204-341 1990年7月5日新製(川重)
7号車 モハ205-342 1990年7月5日新製(川重)
6号車 モハ204-342 1990年7月5日新製(川重)
5号車 モハ205-343 1990年7月5日新製(川重)
4号車 モハ204-343 1990年7月5日新製(川重)
3号車 サハ204-6 1991年10月24日新製(近車)
2号車 サハ204-7 1991年10月30日新製(近車)
1号車 クハ204-125 1990年7月5日新製(川重)

編集履歴(記事ID:0458)

  • 2022年11月12日:本館「H1293」投稿を反映
  • 2022年11月10日:廃車を反映
  • 2020年3月24日:資料室掲載記事リニューアル作業実施

リンク