新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

JR東日本E531系電車 目次

車両の説明

E531系は、常磐線中距離列車で運用され、老朽化の進んでいた403系・415系を置き換えるために開発された交直流一般型電車である。交直流電車が必要な線区は限られていることから、全車両が勝田車両センターの所属であり、常磐線水戸線東北本線で運用されている。基本編成は10両編成、付属編成は5両編成であり、常磐線土浦駅以南では15両編成の列車がある。

0番台は2005年(平成17年)に登場し、同年には基本、付属とも各6編成が導入された(水カツK401編成~K406編成、K451編成~K456編成)。2006年(平成18年)も増備が実施されたが、常磐線中距離列車へのグリーン車連結が決定していたことから、基本編成の水カツK407編成~K411編成はグリーン車組込の準備のため、将来グリーン車を組み込むことになる5号車と4号車に本来組み込むサハE531形ではなくサハE530形を組み込んで、将来の組換に対応した。水カツK412編成以降は付随車を組み込まない暫定6両編成で落成した。同年11月からグリーン車が順次落成したことに伴う編成組換が実施されたが、組み換えの手順としては、まず①水カツK401編成~K406編成のグループと②水カツK407編成~K411編成にグリーン車の組み込みを実施して5・4号車の普通車を捻出した後、暫定6両編成で落成した編成にグリーン車と、①で捻出されたサハE531形は9号車へ、②で捻出されたサハE530形は6号車へ、それぞれ組み込んだ。この組み換えの結果、9号車は本来のセミクロスシート車を連結した編成(水カツK401編成~K411編成)と、他編成から捻出されたロングシート車を連結した編成(水カツK412編成~K422編成)の2種類に分けられることになった。また、サハE531形は12両、サハE530形は10両と数が一致しないため、サハE531形のうち1両がサハE530形に改造されている。なお、同年には付属編成の水カツK457編成~K466編成も落成している。ここまでが、常磐線上野口運用の置き換え用として導入された分である。2010年(平成22年)には、E501系の機器更新工事期間中の予備車確保のため、付属編成2本(水カツK467編成・K468編成)が増備された。

2014年(平成26年)からは、上野東京ライン開業用と、常磐線水戸線のローカル運用に残っていた415系1500番台の置き換え用として量産が再開され、2016年(平成28年)にかけて基本編成1本(水カツK423編成)と付属編成11本(水カツK469編成~K475編成・K551編成~K554編成)が増備されている。2015年(平成27年)からは耐寒性を強化した3000番台の製造が開始されたが、これは東北本線黒磯駅構内が直流化されることに伴って交流電車が同駅に乗り入れられなくなることから、交直流電車であるE531系が運用されることになり、東北本線での運用に対応するために開発されたものである。3000番台は2017年(平成29年)10月14日ダイヤ改正東北本線での運用が開始され、ダイヤ改正までに更に3編成(水カツK555編成~K557編成)が増備されている。なお、3000番台編成については、東北本線の運用に充当されていない時は0番台の付属編成と共通運用になっている。また、同改正では、常磐線上野東京ライン直通列車が増発されているため、0番台も基本編成3本(水カツK424編成~K426編成)と付属編成2本(水カツK476編成・K477編成)が増備されている。

2020年(令和2年)3月14日ダイヤ改正では、東日本大震災福島第一原発事故の影響で一部区間の不通が続いていた常磐線が全線で復旧することに伴い、E531系の運用区間が富岡駅から原ノ町駅まで延長されるため、0番台の付属編成が増備されている。また、同改正から東北本線ではワンマン運転が開始されたことから3000番台編成は全てワンマン運転に対応するための改造が実施されたほか、0番台の付属編成でも常磐線水戸線でのワンマン運転実施に対応するため改造工事が実施されている。

2020年(令和2年)からは、1次車が新製後15年を経過したことから、初期車の機器更新工事が開始した。

編成記事一覧

0番台
クハE531 編成 新製年/製造所 備考
クハE531-1 水カツK401編成 2005/東急車輛  
クハE531-2 水カツK402編成 2005/川崎重工  
クハE531-3 水カツK403編成 2005/東急車輛  
クハE531-4 水カツK404編成 2005/川崎重工  
クハE531-5 水カツK405編成 2005/川崎重工  
クハE531-6 水カツK406編成 2005/東急車輛  
クハE531-7 水カツK407編成 2006/JR新津  
クハE531-8 水カツK408編成 2006/JR新津  
クハE531-9 水カツK417編成 2006/JR新津  
クハE531-10 水カツK410編成 2006/JR新津  
クハE531-11 水カツK411編成 2006/JR新津  
クハE531-12 水カツK412編成 2006/JR新津  
クハE531-13 水カツK413編成 2006/JR新津  
クハE531-14 水カツK414編成 2006/JR新津  
クハE531-15 水カツK415編成 2006/JR新津  
クハE531-16 水カツK416編成 2006/JR新津  
クハE531-17 (編成なし) 2006/JR新津 2022年除籍
クハE531-18 水カツK418編成 2006/JR新津  
クハE531-19 水カツK419編成 2006/JR新津  
クハE531-20 水カツK420編成 2006/JR新津  
クハE531-21 水カツK421編成 2006/JR新津  
クハE531-22 水カツK422編成 2006/JR新津  
クハE531-23 水カツK423編成 2014/J-TREC横浜  
クハE531-24 水カツK424編成 2017/J-TREC新津  
クハE531-25 水カツK425編成 2017/J-TREC新津  
クハE531-26 水カツK426編成 2017/J-TREC新津  
1000番台
クハE531 編成 新製年/製造所 備考
クハE531-1001 水カツK451編成 2005/東急車輛  
クハE531-1002 水カツK452編成 2005/川崎重工  
クハE531-1003 水カツK453編成 2005/東急車輛  
クハE531-1004 水カツK454編成 2005/川崎重工  
クハE531-1005 水カツK455編成 2005/東急車輛  
クハE531-1006 水カツK456編成 2005/東急車輛  
クハE531-1007 水カツK457編成 2006/JR新津  
クハE531-1008 水カツK458編成 2006/JR新津  
クハE531-1009 水カツK459編成 2006/JR新津  
クハE531-1010 水カツK460編成 2006/JR新津  
クハE531-1011 水カツK461編成 2006/JR新津  
クハE531-1012 水カツK462編成 2006/JR新津  
クハE531-1013 水カツK463編成 2006/JR新津  
クハE531-1014 水カツK464編成 2006/JR新津  
クハE531-1015 水カツK465編成 2006/JR新津  
クハE531-1016 水カツK466編成 2006/JR新津  
クハE531-1017 水カツK467編成 2010/JR新津  
クハE531-1018 水カツK468編成 2010/JR新津  
クハE531-1019 水カツK469編成 2014/J-TREC横浜  
クハE531-1020 水カツK470編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-1021 水カツK471編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-1022 水カツK472編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-1023 水カツK473編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-1024 水カツK474編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-1025 水カツK475編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-1026 水カツK476編成 2017/J-TREC新津  
クハE531-1027 水カツK477編成 2017/J-TREC新津  
クハE531-1028 水カツK478編成 2019/J-TREC横浜  
クハE531-1029 水カツK479編成 2019/J-TREC横浜  
クハE531-1030 水カツK480編成 2020/J-TREC横浜  
クハE531-1031 水カツK481編成 2020/J-TREC横浜  
クハE531-1032 水カツK482編成 2020/J-TREC横浜  
クハE531-1033 水カツK483編成 2020/J-TREC横浜  
4000番台
クハE531 編成 新製年/製造所 備考
クハE531-4001 水カツK551編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-4002 水カツK552編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-4003 水カツK553編成 2015/J-TREC横浜  
クハE531-4004 水カツK554編成 2016/J-TREC横浜  
クハE531-4005 水カツK555編成 2017/J-TREC新津  
クハE531-4006 水カツK556編成 2017/J-TREC新津  
クハE531-4007 水カツK557編成 2017/J-TREC新津  

編集履歴(記事ID:1142)

  • 2022年4月21日:クハE531-17の廃車とクハE531-1011の組換を反映
  • 2022年1月23日:クハE531-17・1011の交換を反映
  • 2021年12月9日:クハE531-17・1011の交換を反映
  • 2021年8月5日:クハE531-17・1011の交換を反映
  • 2021年4月13日:クハE531-9・17の交換を反映
  • 2020年7月16日:車両説明文を編集
  • 2020年6月22日:車両説明文を編集
  • 2020年3月3日:水カツK482編成・K483編成の落成を反映
  • 2020年2月4日:水カツK480編成・K481編成の落成を反映
  • 2020年1月24日:資料室掲載記事リニューアル作業実施