新東京周辺鉄道車両速報ブログ資料室

2020年4月22日正式オープン!

山手線 目次

路線の説明

山手線は、路線名称としては品川駅-新宿駅-田端駅間の路線となっているが、実際には、東海道本線の東京駅-品川駅間と東北本線の東京駅-田端駅間に乗り入れて、東京を環状運転する運転系統として案内されている。環状運転が開始されたのは1925年(大正14年)であった。環状運転開始と同時に御徒町駅が開業し、1971年(昭和46年)には46年ぶりの新駅として西日暮里駅が、2020年(令和2年)には49年ぶりの新駅として高輪ゲートウェイ駅が開業した。

車両面では、1961年(昭和36年)に新性能電車の101系が導入されたものの、101系は山手線の路線事情と相性が悪かったことから、1963年(昭和38年)以降に103系電車が導入された。山手線のラインカラーが黄緑6号となったのは、103系がこの色で塗装されていたことに由来する。1985年(昭和60年)からステンレス車体205系電車の導入が始まり、103系電車の置き換えが開始。国鉄時代には10両編成34本が導入された。初期の4編成は量産先行車であり、側窓が二段式となっているが、5編成目からは一段下降式に変更されている。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化後もJR東日本によって205系の導入は継続され、JR時代には10両編成20本が導入されて、103系電車は全て置き換えられた。車両番号は、JR西日本に継承された車両との重複を避ける意味合いから、切りの良い番号まで飛ばされることになり、第35編成から第40編成が欠番とされた。1990年(平成2年)に、東ヤテ41編成が埼京・川越線に転出。同年、6扉試作車のサハ204型900番台が2両導入され、東ヤテ42編成で試験を実施した後、1991年(平成3年)に当時在籍していた53編成全ての10号車に6扉車が1両ずつ組み込まれた(これと同時に山手線は11両編成化された)。1996年(平成8年)に東ヤテ42編成が埼京・川越線へ転出し、サハ204-902は保留車となった。

2002年(平成14年)からは、E231系500番台の導入が開始された。E231系は2005年(平成17年)までに11両編成52両(572両)が導入されて205系を全て置き換え、205系のうち571両(サハ204-902を含む)は埼京・川越線、八高・川越線京葉線武蔵野線南武線南武支線鶴見線横浜線仙石線に転属した。しかし、サハ205-45とサハ205-60の2両だけは転属先がなく、2010年(平成22年)3月に東京総合車両センター所属のまま除籍された。これにより山手線の205系電車が消滅した。

2010年(平成22年)からは、山手線のホームドア導入に際して6扉車が障壁となったため、新造4扉車との入れ替えが2011年(平成23年)にかけて実施された。これに関連し、新4扉車の新潟地区での公式試運転と配給輸送時、廃車となる旧6扉車の配給輸送時の伴車として、中央・総武線E231系10両が一時的に東京総合車両センター所属となっていた。

2015年(平成27年)からはE235系電車の導入が開始。これに先立ち、2007年(平成19年)のダイヤ改正で運用数削減があり、予備車が多くなっていたことから東トウ520編成が離脱している。量産先行車の東トウ01編成の10号車には、この東トウ520編成に組み込まれていたサハE231-4620から改造されたサハE235-4620が組み込まれている。2017年(平成29年)から2020年(令和2年)にかけて導入された量産車でも、改造工期の都合で新造車を組み込んだ東トウ04編成、東トウ05編成を除く全編成の10号車が、E231系からの改造編入車である。2015年(平成27年)の上野東京ライン開業に関連して、2016年(平成28年)3月26日ダイヤ改正で山手線の運用数が1つ削減されていることから、E235系の導入数はE231系より2編成少ない11両編成50本に留まった。

山手線向けの車両配置は、かつては品川電車区と池袋電車区に分かれていたが、1985年(昭和60年)11月1日に品川電車区は山手電車区に改称され、1986年(昭和61年)3月3日に池袋電車区配置の車両が山手電車区に集約された。2004年(平成16年)6月1日に、山手電車区と大井工場が統合されたため、現在山手線車両は東京総合車両センターの所属になっている。

編成記事一覧

E235系
0番台編成 新製年/製造所
東トウ01編成 2015/J-TREC新津★
東トウ02編成 2017/J-TREC新津☆
東トウ03編成 2017/J-TREC新津★
東トウ04編成 2017/J-TREC新津
東トウ05編成 2017/J-TREC新津
東トウ06編成 2017/J-TREC新津★
東トウ07編成 2017/J-TREC新津★
東トウ08編成 2017/J-TREC新津★
東トウ09編成 2017/J-TREC新津★
東トウ10編成 2017/J-TREC新津★
東トウ11編成 2017/J-TREC新津★
東トウ12編成 2017/J-TREC新津★
東トウ13編成 2017/J-TREC新津★
東トウ14編成 2018/J-TREC新津★
東トウ15編成 2018/J-TREC新津★
東トウ16編成 2018/J-TREC新津★
東トウ17編成 2018/J-TREC新津★
東トウ18編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ19編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ20編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ21編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ22編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ23編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ24編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ25編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ26編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ27編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ28編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ29編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ30編成 2018/J-TREC新津☆
東トウ31編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ32編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ33編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ34編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ35編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ36編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ37編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ38編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ39編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ40編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ41編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ42編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ43編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ44編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ45編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ46編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ47編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ48編成 2019/J-TREC新津☆
東トウ49編成 2019/J-TREC新津★
東トウ50編成 2019/J-TREC新津★

記号凡例
☆印:10号車はJR東日本 新津車両製作所で2010年に製造
★印:10号車はJR東日本 新津車両製作所で2011年に製造
無印:11両一括新造車
×印:10号車を組み込んでいない編成

E231系
500番台編成 新製年/製造所 撤退年
東トウ501編成 2002/JR新津★ 2019
東トウ502編成 2002/JR新津★ 2019
東トウ503編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ504編成 2002/JR新津★ 2019
東トウ505編成 2002/JR新津★ 2020
東トウ506編成 2002/JR新津★ 2020
東トウ507編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ508編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ509編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ510編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ511編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ512編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ513編成 2002/JR新津★ 2017
東トウ514編成 2003/JR新津★ 2017
東トウ515編成 2003/JR新津★ 2017
東トウ516編成 2003/JR新津★ 2017
東トウ517編成 2003/JR新津★ 2017
東トウ518編成 2003/JR新津★ 2018
東トウ519編成 2003/JR新津★ 2018
東トウ520編成 2003/JR新津★ 2014
東トウ521編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ522編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ523編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ524編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ525編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ526編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ527編成 2003/JR新津☆ 2018
東トウ528編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ529編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ530編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ531編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ532編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ533編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ534編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ535編成 2004/JR新津☆ 2018
東トウ536編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ537編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ538編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ539編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ540編成 2004/JR新津☆ 2016
東トウ541編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ542編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ543編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ544編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ545編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ546編成 2004/JR新津☆ 2019
東トウ547編成 2005/JR新津☆ 2019
東トウ548編成 2005/JR新津☆ 2019
東トウ549編成 2005/JR新津☆ 2019
東トウ550編成 2005/JR新津☆ 2019
東トウ551編成 2005/JR新津☆ 2019
東トウ552編成 2005/JR新津☆ 2019

記号凡例
☆印:10・7号車はJR東日本 新津車両製作所で2010年に製造
★印:10・7号車はJR東日本 新津車両製作所で2011年に製造

205系
0番台編成 新製年/製造所 撤退年
東トウ1編成 1985/東急車輛 2005
東トウ2編成 1985/日立製作所 2005
東トウ3編成 1985/川崎重工 2005
東トウ4編成 1985/日本車両 2005
東ヤテ5編成 1985/川崎重工 2004
東ヤテ6編成 1985/近畿車輌 2003
東ヤテ7編成 1985/日立製作所 2003
東ヤテ8編成 1985/東急車輛 2003
東トウ9編成 1985/川崎重工 2004
東ヤテ10編成 1985/川崎重工 2004
東ヤテ11編成 1985/日立製作所 2002
東トウ12編成 1985/近畿車輌 2004
東トウ13編成 1985/東急車輛 2004
東トウ14編成 1985/川崎重工 2004
東ヤテ15編成 1985/川崎重工 2002
東トウ16編成 1985/日立製作所 2005
東ヤテ17編成 1985/東急車輛 2002
東ヤテ18編成 1985/近畿車輌 2002
東ヤテ19編成 1985/近畿車輌 2002
東ヤテ20編成 1985/日本車両 2002
東ヤテ21編成 1986/川崎重工 2002
東ヤテ22編成 1986/近畿車輌 2002
東ヤテ23編成 1985/日本車両 2002
東ヤテ24編成 1985/川崎重工 2002
東ヤテ25編成 1985/川崎重工 2002
東ヤテ26編成 1985/川崎重工 2003
東ヤテ27編成 1986/川崎重工 2003
東ヤテ28編成 1986/東急車輛 2003
東ヤテ29編成 1986/東急車輛 2003
東ヤテ30編成 1986/川崎重工 2003
東ヤテ31編成 1986/日本車両 2003
東トウ32編成 1986/東急車輛 2004
東トウ33編成 1986/川崎重工 2004
東トウ34編成 1986/川崎重工 2004
東ヤテ41編成 1987/日立製作所 1990
東ヤテ42編成 1987/日立製作所 1996
東トウ43編成 1988/日立製作所 2004
東ヤテ44編成 1988/日立製作所 2003
東トウ45編成 1988/日立製作所 2004
東ヤテ46編成 1988/日立製作所 2003
東ヤテ47編成 1988/日立製作所 2003
東ヤテ48編成 1988/日立製作所 2003
東ヤテ49編成 1988/川崎重工 2003
東ヤテ50編成 1988/川崎重工 2003
東トウ51編成 1988/川崎重工 2005
東トウ52編成 1988/川崎重工 2005
東トウ53編成 1988/東急車輛 2005
東トウ54編成 1988/東急車輛 2004
東トウ55編成 1988/東急車輛 2005
東トウ56編成 1988/東急車輛 2005
東トウ57編成 1988/東急車輛 2004
東トウ58編成 1988/東急車輛 2004
東トウ59編成 1988/東急車輛 2004
東トウ60編成 1988/東急車輛 2004

編集履歴(記事ID:0002)

  • 2020年3月14日:ダイヤ改正に伴う変更点を反映
  • 2020年1月25日:東トウ49編成・50編成の10号車組込と東トウ505編成・506編成の撤退を反映
  • 2020年1月5日:資料室掲載記事リニューアル作業実施